近距離引越しの際に気をつけたいこと

引越す際に、引越し先が近距離の場合、自分でも結構荷物を運ぶことを考える人もいるでしょうが、こういった場合には慣れない搬出・搬入作業でケガをする恐れもありますので、注意しておきたいところです。大事なのは無理をしないということです。例えば、重たいダンボールを1個運ぶのは簡単でも、10個、20個となると話は違ってきます。ですから、自分の体力や時間の余裕などを考えながら、作業量を決めて取り組むことが大切と言えます。また、近い距離ですと専門業者に依頼をした時に料金を安く抑えやすくて良いのですが、その他に何もしないのは良くありません。工夫をすることも大切です。そうすれば、さらに安い料金で引越すことができるようになりますから、お得感がアップして良いと言えるでしょう。

便利な道具に頼って荷物を運ぶことを考える

近距離で引越しをする時には、移動距離が短いので楽ではありますが、作業を軽視していると思いの外大変で、苦労するといったこともありますから注意しておきたいところです。考え方として良いのは、自分の力だけでやろうとしないということです。他の物に頼ることも大切と言えます。例えば、台車があるだけで随分と作業が楽になることがあります。台車がないと一度に移動できるダンボールの数は2個ぐらいですが、台車を使えば5個や6個ぐらいは運べるようになりますから、かなり効率が良くなると言えるでしょう。こういった便利な道具を使うことで、時間の節約になりますし、体力の節約にもなります。荷物を運ぶのが楽になれば、負担が軽減できますから、ケガをする確率も低くできることでしょう。

業者の利用の仕方を工夫して安く引越す

近距離の引越しというのは、遠距離の場合と比べて料金が安く済みますが、工夫をすることでさらに料金を安くできる場合がありますので意識しておくと良いでしょう。ポイントとなるのは依頼の仕方で、専門業者が繁忙期の時に依頼をしたり、こちらの都合で時間を決めて依頼をする場合には、料金が高くなってしまうものです。つまり、業者の方に合わせる形で依頼をすれば、料金を安く抑えられるわけです。繁忙期を避けて、業者が余裕のある時に依頼をするとともに、時間を指定せずに依頼をすることで、業者のペースで作業ができますので楽になり、料金を安くしてもらえます。もちろん業者選びも重要です。複数の業者に見積もりの依頼をして、料金を見比べてから決めると良いでしょう。このような工夫をすることで、随分と安くできるものです。

家具などの普段手の届かない場所の掃除はスタッフがお手伝いします。 関東圏内はもちろん、東京や神奈川など関東発のお引越しを低価格でお手伝いいたします。 自社体制での一貫した作業を行うことによって、他社よりもお安い引越し料金を実現いたしております。 単身・ファミリーともにどなたでも簡単にできるお見積もりサービスをご利用ください。 引越しのお見積もり料金の安さには自信をもっております。 近距離の引越しもお任せ下さい